特定調停という方法も任意整理による処理と変わりなくそれぞれの貸し手に対し借金の返済を行うことを前提とした債務を整理する選択のことをいいます。分かりやすく説明すると裁判所が処理する任意整理といえるでしょう。特定調停という方法も任意整理による解決と同じく破産手続きと違い一部分のお金だけを整理していくことが可能ですので他に保証人が付く借金を除いて整理していく際やクルマのローン以外について検討していく場合などでも使うこともできますし、築き上げてきた資産を処分してしまう必要がないので、マイカーや有価証券自分の資産を持っているものの、手放してしまいたくない場合にも有力な選択肢になる借金整理の手続きといえるでしょう。いっぽうで、今後返済が必要となる額と実際に可能な収入を比較検討して返済が見通せるのであれば特定調停の手続きを進めていくことが可能ですが、自己破産とは違って借金そのものがクリアになるわけではありませんので、負債の額がだいぶある状況の場合実際的にはこの選択肢を選ぶのは困難であると判断することになるでしょう。なお、特定調停による解決は公の機関が中に入るので弁護士事務所などにゆだねなくても不利になってしまうことがないという点や、解決するための諸経費を圧縮できるという利点は注目できますが、きびしい取り立てに債務者本人が回答することになることに加え所定の裁判所にことあるたびにおもむくことになるなどの注意点もあります。それから、任意による整理に対して解決が得られない場合は利子を全部付けた計算で払っていくことになるという点やそれら債務者に払っていく額が任意整理による手続きの場合と比べて増える傾向にある等の点もあります。