破産申請までの期間は裁判への持ち込みなど法に基づく手続きは承認されます。自己破産申請の手続きに進んだあと長い時間がかかってしまった場合には裁判を起こされるリスクが増加します。債権人サイドからすると借金の清算もせずに、かつ破産などの司法上のプロセスもなされないといった状態だと会社内部で完結処理をやることができないからです。審理の結果どんな決定がなされるとしても自己破産手続きの申請者にお金を返金する能力はないわけです。取り立て屋もそういったことは把握の上、提訴のような示威行為で、和解に持ち込み返済させるとか債務人の親子や親類に返済させることを狙っているケースも見受けられます。(補足)平成17年の1月1日改正の新しい破産の法律において破産の申し立て後は差し押さえというような司法的な手続きは実効性をなくすこととなりました。そうなると、古い破産法の場合とは異なり裁判提起というようなことをしたとしても効果がない見込みが高いので、真剣に訴訟をやる業者はいなくなると予想します。そういったような側面でも平成17年の1月1日に改正となって破産申立は昔以上に用いやすくなったといえるでしょう。返済督促によるケースですと、督促とは国が負債者に対し債務の返済をしなさいという督促です。普通の訴訟をするプロセスとは別で、業者の独善的な意見を聞いて行われていくため普通な審理のように時間と費用がかさまないので債権者がよく使用する法的手段です。支払いの督促の申し立てがあった場合、裁判所発送の知らせが送られることとなり、その文書が送られてから14日が経過した場合業者は債務人の資金(給与債権を対象として)に対して差押えができるようになってしまいます。支払督促に向かって異議申し立てを提出することができる場合は、通常の審議に変化することになると思われます。※一般の訴訟は長引きますので免責が出るまでには裁定がくだらない推測が濃厚になります。