民事再生は住宅ローン等がある多重の債務に苦しめられている人々のために住宅を維持しつつ経済面で再建するための法的機関を通した謝金の整理の方法として2000年11月に適用された手段です。この法律には、破産手続きとは異なり免責不許可となる要件はないために、散財などで借金ができたような場合においてもこの手続きは問題ないですし破産申請をすれば業務ができなくなるポストで給与を得ている方でも制度の活用が検討可能です。破産の場合にはマンションを手元に残すことは無理ですし、その他の選択肢では、借金した元金は払っていくことが求められますので住宅ローンなども払いつつ払っていくことは実際問題として難しいと思われます。でも、民事再生という手順を採用することができれば、住宅のローンのほかの借金はかなりのものを圧縮することが可能なため、余裕がある状態で住宅ローン等を返しつつそれ以外のローンを払い続けるようなことができるということなのです。とはいえ、民事再生という手段は任意整理と特定調停といった手続きとは違い一定の債務を切り取って手続きをすることは許されていませんし破産申告の場合のように債務それ自体消えるわけではありません。それに、別の手続きと比較するといくらか煩雑で期間もかかりますので、住宅ローンなどを組んでおりマイホームを手放したくない場合等以外において、破産などの他の債務整理ができない場合だけのあまり優先したくない手続きと考えるのがいいと思います。