自己破産申請までの期間は訴訟行為という類の司法的行為は認められています。そして自己破産の事務手続きに進んで以降、提出までに無駄な時間がかかってしまったケースでは訴訟にされるリスクが上がります。債権保有者側としては負債の返納もすることなくなおかつ破産などの法的な手続きもされない状態であればグループ内での処理をすることが不可能だからです。言ってしまえば審判によりどういった判定がなされるとしても自己破産の本人に債務を払う器量はないです。取立人もそれについては理解しており訴えなどといった強行なやり方で和解にさせ完済させるなり借金者の父母や一族に返金してもらうということを目標にしている場合もありえます。※西暦2005年の1月1日に改正がなされた新しい破産法のもとでは自己破産申請をすると差し押さえというような司法的な手続きに関しては実効性をなくすことになります。したがって、従来の破産法の時とは異なって裁判提起をやっても無駄に終わると考えられるので、裁判をする取り立て企業は消滅すると予想されます。その文脈でも、西暦2005年1月1日に改正され従前以上に利用しやすくなったと考えます。返金督促によるケースですが、支払督促という言葉は、法が借金人に対して借金の返却を行えというものです。普通の審理をする流れと違って、債権者の独善的な主張だけを受けて行われるためスタンダードな審議のように日数とお金が大きくならないので、取り立て業者がよく利用する法的な手法です。裁判所の督促の申し立てがなされると裁判所から督促状が来ることになって、その書類が届いてから2週間が経った場合債権者は債務人の私財(給与債権を対象とする)に対し差押えがやれるようになるということです。支払督促に対して異議の届出を提出することができるときはオーソドックスな訴訟に移っていくことになると思います。(注意)通常の訴訟は長引きがちですから、免責までに判決がおりない予測が濃厚になってしまいます。