任意整理は一般的に借金の整理とも呼ばれていて、債権を有する者への借金の返済を行っていくことを前もって決めた借金を整理していく方法となります。一般的な流れですが、司法書士事務所または債務処理経験のある弁護士債権を有する者とあなたの間に入って話し合い利息に関する法律に従って利息の再計算を行ってもう一度計算した借金の元金について金利を少なくする形で36か月くらいの期日で返済をしていく債務整理の方策です。任意での整理は各種裁判所などといった機関が手出ししませんのでそのほかの手順と比較しても採用した場合の不利益が最小で、手順自体が債務者にとってそんなにストレスになりませんのでまずここから検討する必要がある手順だといえます。または、債権を持つものがサラ金といったとても高額なだった場合は、利息制限法という法律で決まっている貸出利息を超過して渡した金利は元金に充当できると判断し借りたお金の元金を減らしてしまうことだってできます。だから、ヤミ金業者みたいな法外な借入利息を取るところに対し長期間返し続けている場合にはけっこうなお金を減らせる可能性もありますし、10年以上返済し続けているケースだと元金自体が消滅してしまうこともないとは言えません。任意整理の良い点については破産と異なり一部の借金だけをまとめることになりますので、他の連帯保証人が関連する借入を除いて手続きしていく際や住宅ローン以外について手続きをしていく場合なども申請することが可能になりますし、全ての財産を放棄する必要がないので株式や有価証券資産を保有していて、手放してしまいたくない場合でも活用できる債務整理の方法といえます。いっぽう、手順を踏んでからの返済に必要な額と実際の収入をかんがみて、返済の目処が立つようであればこの方法で手続きで進めることに問題ありませんが自己破産とは異なって返済義務自体がなくなるというわけではありませんので負債の額がだいぶある場合においては実際的には任意整理で方法を取るのは困難になるといえるでしょう。