特定調停による方法も任意整理による方法と同じくそれぞれのお金の貸し手に対し債務の返済を行うことを前提とした債務の整理の方法となります。わかりやすくいうならば裁判所が間に入る借金の整理と考えることができます。特定調停という方法も任意整理による解決とほぼ同じく、自己破産と異なり一部分の借金だけを整理することになりますので他の保証人が関係している負債以外だけを検討していく場合や自動車ローン以外について処理したい場合等においてでも検討することもできますし全ての財産を手放す必要がないのでマイカーや不動産などの自分の資産を所有していて処分してしまいたくない状況でも活用できる債務整理の手続きです。しかしながら、手続き後返済する額と実際としての手取り額を比較検討し、だいたい返済の目処が立てられるようならこの方法で手続きで進めるほうが良いですが破産申告と違い借金自体が消えるということではありませんので、借入金の合計が巨額な場合には実際的にはこの特定調停という選択肢を選ぶのは困難であるということがいえるでしょう。それから、この手順は司法機関が間に入りますので専門家にゆだねなくても不利になるようなことにはならないことや、手続きのためのコストを低くおさえられるというメリットがありますが取り立てに対し本人が応対しなくてはいけない点に加え、文字通り裁判所にことあるたびに顔を出す手間を要するなどの要素もあります。それから、任意整理による手続きと比較してみると、同意に達しない場合は利息を全部含めた形で振り込んでいく必要がある点や最終的には貸し手に対して返済するお金が任意整理による方法に対して割が合わないことが多い等のデメリットもあります。